×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医師転職支援 本文へジャンプ
医師転職活動


 医師が転職を考えたとき、ご自身の考えだけで、もしくは友人医師、先輩医師、又は知人の医師に相談する場合など多々ございますが、最近では医師紹介会社へ登録される場合も御座います。                         
昨今の医療状況で、医師が転職を成功させる一番重要なポイントは、何なのでしょうか。医師求人情報量、交渉力、病院内部情報など様々な重要な事柄があげられるとは思います。 
ただ、上にあげた情報も大事ですが、何が出来て、何が出来ないのか?今後の医師としてのモチベーションを保ちながら、将来的には開業を目指すのか、それともポジションを求めるのか、つまり転職をする事により、自分自身の希望が叶うのかどうか、この点が非常に重要と考えます。
若い医師全てが専門医を目指すのか、無いより有る方が云いとは考えれますが、本当の意味で、QOLを求めるのであれば、専門医が全てとは限りませんし、また急性期で勤務してきたから、慢性期の少しゆっくりとした環境で勤務をしたい、この様な考えも自然な流れと感じております。医師個人個人の考えが全て違いますので、医師個人の希望を明確にする必用はあると思います。       
さて、他の業界では当たり前ですが、転職を考えたときは、本人の希望もですが、何が出来るのかが重要で、本人のやる気や社会的な責任感も重要な要素となります。   また、病院担当者との会話でよく出てくるのが、コミュニケーションを取れるのかどうか、この点も重要ではないでしょうか。


例.1


A麻酔科医師(33歳)の希望
今まで、麻酔科医として勤務をしてきたが、非常勤麻酔科医師の高額なバイト料でのモチベーションの低下やオペ室での外科医との人間関係から退職を決意される。 公的な病院勤務しか経験がないが、世間相場は別にしまして、年俸額1,500万円、またオンコールでの呼び出し無を希望される。場所については希望は無。その他、オペ室でのご自身の机(医局ではなく)など位でしょうか。後は麻酔科医師としての忙しさを重要視、決して暇でなく、かといって忙しすぎても困る。また、今後のスキルアップのためにペインクリニックを希望。               
今回は、全ての希望が叶い、先生ご自身も大満足をされて、現在もご勤務をされております。